記事を作る理由

まず、記事を作る理由に関しては説明します。

 

例えば、facebookやTwitterなどを見ていると、
よく広告が出ていると思います。

facebookやTwitterのニュースフィードに、
何かの商品広告などが流れてきますね。

 

でもあれは、とても成約率が悪いです。

 

つまり、売れないんです。

 

どうしてかというと、
そこに来ている人たちは、
友達や好きな有名人の近況を知りたかったり、
何か面白い投稿を見たかったりする、
そういう属性の人たちが集まっているからで す。

 

でも、その人たちの中にも、
ダイエットがしたくてダイエットの商品を潜在的に求めている人や、
恋人が欲しくて恋人との出会いを求めている人たちなど、
いろんな人がいるわけです 。

 

つまり、今すぐ、
「これをやりたい!」
「あれが欲しい!」

という訳ではないけど、
少なからず、
心のどこかでニーズがあるという訳です。

 

なので、その人たちの心の声を本人に気づかせるというのが、
今回のノウハウです。

 

テレビCMなどは、
効果が薄いです。

 

例えば、
ドラマを見ている人に向けて商品を売ろうとしたりしています。

潜在的にそれが残って、
あとで商品が売れたりはしますが、
ダイレクトで売るということはなか なか難しいと思います。

 

特に最近は、
テレビのCMは録画すると飛ばすことができるので、
非常に高価が薄いです。

 

例えば、ソーシャルメディアなどの媒体で、
ダイエットのサプリメントを売りたい場合、直接売るのは難しいです。

 

でも、「こういうことをすると、モテるようになった」とか、
そういう話からダイエットのサプリメントにつなげていくと、その商品が売れるわけです。

 

例えば、ソーシャルメディアで、いろんな記事がよく流れています。

「三十路男が、たった一週間で美女7人と付き合った方法」というタイトルがあると、興味を引きますね。

 

読み進めていくと、
結局はダイエットの話なんです。

でも、その記事を読み終わる頃には、
なんだかこのダイエット、
サプリを買わないといけないような気持ちになります。

 

大事な事は、興味を引く内容で、
売りたい商品で、自分の明るい将来を想像させ、
ニーズと関連付けをする事です。

例えば、さっきの話で言えば、

 「これをやるととても痩せて、モテるようになった」という話をして、
話の中で興味を引きます。

 

この場合「モテたい」というニーズと、
ダイエットを関連付けさせるわけです。

「モテたい」というニーズを解消するには、
「あなたは痩せた方がいいよ」「マッチョになった方がいいよ」という話をしていきます。

 

そうすると、「モテたい」というニーズが「痩せたい」というニーズに変わるわけです。

そして、そのニーズと関連付けが終わったら、その証拠を提示します。

例えば、アフィリエイトの手法で言うと、ビフォーアフターを出してみたり、お客様の声をその記事の下に出してみたりします。

 

そして最後に商品を紹介して、押すわけです。

商品によってはキャンペーンなどをやっていると思うので、
「今だったら500円」などキャン ペーン情報を押し出して、商品を関連付けして売るわけです。

モテたいと思っている男の人や、
かっこいい彼氏が欲しいと思っている女の人に、
ダイエットの サプリメントを売ることができるわけです。

 

これが今すぐには欲しくない人。そういう人に商品を売る、
おおまかな流れです。