記事の書き方

 

【記事制作における全体像】

 

1.ニーズorコンプレックスを自覚させる

2.共感する

3.興味を惹く

4.悩みの解決のノウハウを教える 

5.商材の紹介と証拠の提示

6.押す

 

記事の大まかな構成の全体像がこちらです。

早速それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

1.ニーズorコンプレックスを自覚させる

冒頭で商材のニーズまたは、
コンプレックスを読者に認知させる必要があります。

「需要を呼び起こす」「悩みを引き出す」これを行います。

そのために、
①LPを最低でも3回は読む
(=その商材はどんな悩みを解決するかを知る)

②悩みのリサーチ
(=生の悩みの声をリサーチする)

③悩みの原因と解決方法のリサーチ
(=シミやシワが増える原因はターンオーバーの周期が遅くなるため。だからターンオーバーの周期を整えよう。)

が必要になってきます。

ニーズやコンプレックスは、
知恵袋や掲示板などで「ダイエット 悩み」などで探すと、
沢山出てくるので、選んだ商材がなんの悩みを解決するかをLPをリサーチした上で、
生の声をリサーチしましょう。

また、悩みを解決するための正しい手法を教えてあげるために、
自分自身がその悩みの解決方法を知る必要があるので、
正しい知識をリサーチをしましょう。

 

2.共感する

ニーズ、コンプレックスで調べてわかった、
生の声を反映してあげましょう。

共感する事で、
「自分の他にも悩んでる人がいるんだ」
「あ、こんな悩みあるあるw」
と記事に対しての不信感が減ります。

 

3.興味を惹く

興味を惹くために、
読者が知らなさそうな知識を提供してあげましょう。

(例:普段ダイエットでやりがちな●●は太る原因!?等)

ここで理論立ててしっかりと、
やってはいけない事などを出してあげると読者から一気に信頼を得ることに成功します。

 

4.悩みの解決のノウハウを教える

悩みを解決するためのノウハウをここで教えてあげます。

(例:腸内フローラダイエットをオススメします。)

このノウハウは実際に扱う商材の訴求ポイントを、
切り口にしてあげてください。

※まだ、ここで商材を出す必要はありません。

 

5.商材の紹介と証拠の提示

ここで、やっと商材が出てきます。

その際に、提示できる証拠などがあれば一緒に出してください。

(医者が推してます、芸能人が推してます等)

 

6.押す

また、最後の最後に、
初回限定価格や、返金保証があれば最後にそれで推してあげてください。

完成イメージが、
こちらになります。

https://www.evernote.com/l/AttwdHZehppDE4487fJGKZ4Oj5X9OOClmu4