入れるべきブラグイン

有名なプラグインも多いですが、WordPressでアフィリエイトをするなら必須なので、

主要なプラグインをブログで使っているか確認してみましょう。

 

①WPSocialBookmarkingLight

FacebookやTwitter、はてなブックマークなどのソーシャルボタンを
自動で全ページの記事前後に設置することができるプラグインです。

ソーシャルボタンがないと記事が拡散されにくいので
被リンクも手に入りづらく、ページビュー数も伸び悩みます。

ブログを多くの方に見てもらうために必須のプラグインです。

 

②GoogleXMLSitemaps

検索エンジン向けのサイトマップを作ることができるプラグイン。

全ページをクロールしてもらうためにもぜひ入れておきましょう。

 

③AllinOneSEOPack

SEOをするならとりあえず入れておけ!というぐらい有名なプラグイン。

「トップページのみSEO用にタイトルを変える」なども出来るので
あまりワードプレスをいじらなくても簡単にSEO対策ができます。

 

④UltimateGoogleAnalytics

テーマのオプションでGoogleAnalyticsのコードを入れられることも多いですが
テーマがアクセス解析に対応していない場合は絶対に入れておきましょう。

GoogleAnalyticsでレポートを作成し、
トラッキングコードを入力すればすぐにアクセス解析が利用できます。

 

⑤W3TotalCache

表示速度が落ちれば直帰率・ページビュー数も比例して落ちてしまいます。

キャッシュ系のプラグインは色々使いましたが
最終的にこれだけ入れておけばいいと思いますよ。

 

⑥BreadcrumbNavXT

パンくずリストを設置できるプラグインです。

カテゴリが多く、階層が分かりにくいサイトには最適です。
設置の際はテーマのテンプレートを少しいじる必要があります。

 

⑦TAC

使っているWordpressテーマの安全性をチェックできます。

筆者も以前使っていたテーマに異常が見つかり、
仕方なくデザインをリニューアルしたことがあったので
使うテーマを決める時に使っておくことをオススメします。

 

⑧QuickAdsense

Googleアドセンスを全てのページに一括で貼れるプラグインです。

記事の前後に手作業で貼っていた方はこのプラグインを使うと手間が省けますよ。
また、アドセンスの位置を変えて比較する時にも重宝するので便利です。

 

以上、WordPressで稼ぐなら入れておきたいプラグインまとめでした。