サーバーとドメインの契約

【1】レンタルサーバーを契約する

まずはレンタルサーバーを契約しましょう。 サーバーとは「あなたの情報を発信する拠点」のことです。 自分専用サーバーを持つとなると大変高額になりますので、「レンタルサーバー」という比較的安価なサーバーを借ります。

ちなみに、レンタルサーバーにも以下のようにたくさんの種類があります。

この中でも最もおすすめなのがXSERVER(エックスサーバー)です。 サーバーの性能はサイト表示速度にも影響するのですが、XSERVERは速度が速くて安定性があるという点で、とても優れたサービスとなっています。また、困った時のサポートもかなり充実している上に、月1000円という比較的安価で使えるのも魅力です。そういった理由から、XSERVERを愛用しています。

【2】独自ドメインを取得する

レンタルサーバーを契約できたら、次に独自ドメインを取得します。 独自ドメインは先ほど説明したとおり「自分専用のサイトURL」のことですね。この独自ドメインは以下のサービスから、1000円/年くらいの料金で取得することができます。

これらが主なドメイン取得サービスですが、どのサービスから取得してもドメインの性能は一切変わりません。 僕の場合はXSERVERと相性良い、Xdomain(エックスドメイン)というサービスで取得しています。

ちなみに、ドメインの末尾は「.com」「.net」「.info」「.xyz」「.org」など、様々なものを選べますが、末尾によってドメインの性能が変わるということもありませんので、好きなものを選んでもらって結構です。僕の場合は、メジャーどころである「.com」のドメインを取得するようにしていますが、好みによって変えてもらっていいでしょう。